裸足ウォーキングから裸足ランニングへ

淀川河川敷

桜の花も散り、靴を脱いで裸足ウォーキング復活です。やっとルナサンダルの季節になりました。私の自宅は大阪市内なのですが、淀川の河川敷が近いので、上の写真の様な気持ち良い景色の中を毎日歩く事が出来るのでした。

今年は目標があって、裸足ウォーキングから裸足ランニングが出来るまでにしていきたいと思ってます。裸足ランニングといっても、素足で歩いたり走ったりするのではなく、裸足を感じることが出来るシューズに変わる物を履いてウォーキング、ランニングをするということです。

裸足ランニングはベアフットランニングと呼ばれてて、吉野剛さんと言う方の動画がものすごく分かりやすく、裸足のメリット・デメリット含めて解説されているので興味ある方は是非ご覧ください。

もちろん、この反対意見も目にしてます。

じゃ、どっちが正しいんだ?という議論などはどうでも良くて、そういうのは身体に聞くしか無いと、私はそう思ってます。

私自身一年間裸足で歩いて来てあれこれ試しながら、ようやく歩けるようになって来た、歩き方が判ってきた、というぐらいスローペースな身体との会話ですが、これが一番自信を持って取り組める様になる方法なので、迷いはありません。

靴を履く季節になる頃までには、ジョギングが出来るようになっておきたいなと思います。

 

コメントを残す