健康的な食事と外食の関係

花様 北新地

親しい友人に連れられて「自家栽培ファーム直結~」みたいな美味しい野菜が売りのお店へ行ってきました。

時々○○食べたよ、みたいにこのブログでも色んなお店を紹介していますが、実際はもっと色んな店に足を運んでまして、食税制限のある私らの外食との付き合いは、ほんとに色々考えることが多いです。

外食はやっぱり難しい

この数ヶ月、医者から言われた食事制限を守り続けて、ある意味答えがはっきりと出てしまいました。

外食では医者の言う食事は出来ない!

自家製ファームとかヘルシー野菜とか、それっぽい名前が幾らついてる店でも、私ら食事制限のある面倒くさい者たちが食べれるもんじゃ無い、残念ながらこれが現実です。

今回行ったお店でも、正直、こんな物毎日食べてたら、確実に生活習慣病一直線、みたいな強烈な味付けです。「野菜中心に」とかアピールしても、味付けを塩分とか調味料で食べやすい様に手を加えて、ヘルシー、健康みたいな宣伝文句で集客してる、しかも結構なお値段です。

そりゃそうです、美味しいと思われなかったら次の来店はありませんから。

今回のお店も女性のお客で溢れかえってましたけど、こんなもの食べてダイエットなんかできませんし、健康にもなれないでしょう。

「野菜=低カロリーで健康一番」、みたいに健康な若者は思ってるかもしれませんけど、幾ら良い素材使ってても、これまでの暮らしの中で慣れ親しんだ濃い味付けではせっかくの野菜も台無しです、間違ってますね。

健康弁当

健康弁当

先日、私のことを良く知っている仕事仲間の女性に某お店の健康弁当をご馳走したんですが、感想はというと「私には味が薄いかも」ってことでした。

私らが美味しいと思う料理と一般の方が好む料理は違うということですね。

オススメ外食は居酒屋

水炊き 小鍋

私らが外食するに一番の場所は、例えば夜ならば居酒屋さんみたいなメニューが豊富なところ。昼食でもバイキングみたいな食堂とか、自分で食べれる物をピックアップ出来る店が一番美味しく罪悪感無くいただけると思います。

どうしても、仕事する者としては付き合いとかそういうのも必須ですから、如何に上手に外食と付き合っていくか、これは本当に難しい選択だとつくづく思いますね。

コメントを残す