守口の十割蕎麦の店、理(ことはり)

守口 ことはり

まだまだ隠居する訳にはいかず、外へ出て仕事は当然する訳ですが、外へ出たらやっぱりお付き合いもあって、やれランチだ飲み会だと週に何度かは外食が外せません。

その中で、できるだけ身体にダメージの少ない物一番が、蕎麦じゃないかと思うのです。ランチに蕎麦が選べるのであれば間違いなく蕎麦屋です。

そんな中でも最近のお気に入りなのが、京阪守口市駅近くにある蕎麦屋、理(ことはり)です。

十割蕎麦という捨て看板が、このあたりを通る度に気になって入りましたが、蕎麦だけでなくて、出汁から何からがこだわりの店。塩を振って蕎麦をすすると、そばの香りと喉越しがたまりません。

更に平日はもり蕎麦が通常2枚を3枚にサービスで750円。味もお値段も大満足な店なのです。(ちなみにこれはランチな話です)

守口の十割蕎麦の店、理(ことはり)

余りにも足繁く通うようになり、日によって、季節によっての微妙な味加減を感じたりする様になったぐらいな好きな店になりました。

ここのあんばいスプーンと言うのを先日紹介しましたが、18時~の夜の部ももちろん、お酒な蕎麦屋が楽しめます。日本酒と蕎麦屋の相性が良いのを知っているのは酒飲みの証拠なのです、病人の癖に酒は好きなんで困ったものですが、どうせ飲むならこう言う店でじっくりとヤりたい訳ですよ。

>>> あんばいスプーン

理(ことはり) そばがき
理(ことはり) 蕎麦前
夜の部はこんな感じの肴、プラス締めは蕎麦です。

コメントを残す