モスの低糖質 菜摘(なつみ)バーガー

モスの低糖質 菜摘(なつみ)バーガー

今日の外食低糖質メニューはモスバーガー。モスバーガーといえば、私の中ではマクドなんかの大手チェーンよりもワンランク上の美味いハンバーガー屋として、若い頃から一番のハンバーガー屋です。そのモスの低糖質バーガーと聞けば、食べてみたいと期待は膨らむに決まっています。

菜摘(なつみ)

ネットで検索した際に、菜摘というネーミングもヘルシーさが溢れて、なかなか素敵だなと思い期待は膨らむばかり、一番に気になっていた外食の低糖質メニューです。

所要があって街へ出た際にモスを見つけて、チャンスはは今だと家人と一緒に菜摘を目指しました。

モスの低糖質 菜摘(なつみ)バーガー

店の入り口に貼り付けてあったメニューをひとしきり眺め、

「菜摘マークがついた商品は、バンズの代わりにレタスお召し上がりいただけます」

という一文を発見して安心して入店しました。

くら寿司の「シャリ野菜」みたいに、ネットで検索して入店したは良いけれど、取り扱いが無かった、とか言われた際のがっかり感はたまりませんからね。

ソイパティと言う、大豆成分のパティも選べる様で菜摘ソイモス野菜というメニューも良さそうです。

菜摘のカロリーや糖質量

移送中にスマホにて、モスバーガーの公式サイトで栄養成分情報をチェックしておいたんで、ホットコーヒーと、炭水化物の一番少ない「菜摘テリヤキチキンバーガー」を注文して見ました。

【炭水化物とカロリー情報】

モス野菜バーガー11.5g207kcal
ソイモス野菜バーガー16.9g155kcal
テリヤキチキンバーガー7.7g183kcal
フィッシュバーガー13g250kcal
ロースカツバーガー22.2g264kcal
海老カツバーガー 19.4g244kcal

改めてこうして表に纏めて眺めてみると、一番炭水化物の多いロースカツでも糖質は22.2グラムしか無いので、二つ食べても糖質だけを見れば一食の糖質量としては許容範囲、大丈夫な感じですが、この表からは、揚げ物はやはりカロリーが高くなるのが見て取れます。

そしてお味の感想

モスの低糖質 菜摘(なつみ)バーガー

今回、テリヤキチキン味を注文したワケですが、食べた感想はと言うと、正直に書いて置きますが「テリヤキドレッシングのかかった、チキンサラダ」でした。

モスの低糖質!と期待が大きすぎて何だこれはとなりましたが、考えたら当たり前なんですよね。

そして、テリヤキのタレという塩分諸々、ダイエットの糖質制限な方はよろしいかも知れませんが、その他も含めての食事制限中の者にとってはあんまり好ましくない生野菜のテリヤキチキンサラダをわざわざ食べる必要も無いなと言うのが感想。

そして、やっぱり、モスと言えばハンバーガーなワケですから、ハンバーガーを食べたいという欲求を満足させるならば、バンズは必須ではないかと。

近頃、低糖質メニュー食べ歩きがマイブームになっていますが、フレッシュネスバーガーの低糖質バンズのハンバーガーを今度はいただきに行こうと、強く決心した次第です。

今回は、そんな感じであっさりと菜摘のレポート終わります。

コメントを残す