予防医療とか予防医学

予防医療バタバタと癌で亡くなる芸能人や闘病中の様子が芸能ニュース欄に並んでます。どういう訳か、リアルな生活の中でも今年は癌な友人知人の話が飛び交ってて、リアル過ぎて怖かったりします。

そんな中で、各方面で「予防医療とか予防医学」と言うワードが聞こえて来る様になりました。

良いことだと思います。良し悪し抜きにして、メディアでこれだけ癌や生活習慣病がピックアップされ、予防などの言葉が出れば出るほど、一般の方も先ずは意識するようになる。

対義語に治療医学という言葉がある訳ですが、予防医療は以下の様なもの。

「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し、健康を維持する」

第一次予防 疾病の予防。健康への啓発、健康増進、特殊予防(教育、予防接種など)。
第二次予防 重症化の防止。疾病の早期発見と早期措置、適切な医療と合併症対策(健康診断など)。
第三次予防 疾病の再発防止。リハビリテーションなど。
wikiより

運動や食生活を始めとする生活習慣の改善はもちろん、病気になってしまってからも、再発を防ぐ為に何をするのか?見たいな事も含まれるのが予防医療、予防医学だと言います。

保険の適用外だったりして、まだまだ普及しているとは言えない分野ですが、私らからすると、少々お金がかかっても「実際の治療費がどれだけかかるか知ってる?」と言う事を声を大にして言いたいと思ってます。

そうする事で、保険外実費の問題など今後予防医療を受けやすい社会に繋がっていくのは間違いないでしょうから。

 

コメントを残す