減塩醤油 ヤマサ醤油の鮮度の一滴を購入レビュー

鮮度の一滴

こうして減塩を強く意識するようになって、まずは毎日の食事には欠かせない減塩醤油。色々と比較したいので少量の物を幾つか購入して見ました。

ヤマサ醤油 鮮度の一滴

幾つかの減塩醤油の中で、ヤマサ醤油の「鮮度の一滴」、これが醤油の味がしっかりあって、一番口にあったものでした。

醤油に関しては、もともと大量生産の大手メーカーの醤油で無い小さな醤油蔵の商品を愛用してたぐらいこだわりがあって、まだまだ色々と試したいのですが、今の所このヤマサの減塩醤油の味が一番好みかもしれません。

鮮度の一滴の成分が残念

脱脂加工大豆

ところが、成分表をみると、ちょっと残念な醤油かもしれません。

脱脂加工大豆が使われています。脱脂加工大豆というのは、簡単に言うと、脂を抜いて加工された大豆で、丸大豆を使うよりも醤油に加工しやすく、もちろん原料の大豆もやすくて、醤油の風味を出しやすいんだと言います。

意見は色々あるかと思うんですが、私は脱脂加工大豆は危険だと思ってます。薬液を使って油分を分離させると言うのですから、子供の頃から摂取し続けると私の年になった頃にはなにか重篤な病になってしまう心配は絶対に消せないんじゃないでしょうか?

少しお金を出せば、脱脂加工大豆が使われていない「丸大豆醤油」が販売されているワケですから、ネガティブなイメージのある、脱脂加工大豆の醤油を使う必要があるのか??そんな風に思うのです。

その大豆は安全?

遺伝子組換えでない大豆を使っているのは良いんですが、そもそも、そういう話をすると「大豆」という食材自体がどうなのだろうか、という話に必ず行き着くんですね。

私の知人に、大豆や小麦などを一切取らないという食生活を推奨する健康アドバイザーがいて、話を聞くと頷くことばかりではあります。

減塩生活を始めると必然的に醤油の摂取量が減ったんで、ちょっと意識するだけで大豆の使用は最小限にはなると思うのですが、完全に断つのは難しいなーと思っています。

ソースやケチャップは無くても平気に暮らせますが、塩と醤油と味噌、日本人としてこの3つの調味料は断つことはちょっと難しいなと思います。

私にとってのベストな減塩醤油探しは続きます。

コメントを残す